COVID-19国別週間死亡者数推移グラフ

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の流行が始まってからの各国の新規患者数推移のグラフがFinancial Times特集ページに掲載されています。横軸は週あたり新規患者が初めて200名を超えた日からの日数、縦軸は週あたりの新規患者数を示しています。下の図は欧州疾病予防管理センターの4月1日現在のデータを元にFTのグラフを再現したものです。

New confirmed cases of COVID-19 in the past week, by number of days since 200 new cases in one week. Data retrieved Apr. 1, 2020, from https://opendata.ecdc.europa.eu/covid19/

死亡者数の方が患者数より各国事情の影響を受けにくいと考え、新規患者数の代わりに新規死亡者数を指標に用いて、同様のグラフを作成してみました。基本的には新規患者数と同じ傾向を示しています。また、韓国が初期の感染者爆発にも関わらず一貫して死亡例の発生を低く抑えたこと、中国の最近の再燃が今のところ死亡者数の変化に現れていないことが見てとれます。

New confirmed deaths of COVID-19 in the past week, by number of days since 10 new deaths in one week. Data retrieved Apr. 1, 2020, from https://opendata.ecdc.europa.eu/covid19/

患者数は医療や検査へのアクセスや患者行動に大きく依存しているので、国ごとのデータを比較・解釈するのが困難です。一方、今日少なくとも先進国において重症肺炎患者にウイルス検査を行わない選択肢はないと考えられるので、不幸な転帰をとった新型コロナウイルス感染者の大半は死亡時までに確定診断がついているものと推定されます。このことから、多国間の比較には死亡者数の方が患者数より適していそうだと言えます。