株式会社タンソーバイオサイエンスはヒトGタンパク質共役型受容体 (GPCR) 300種以上に対する高感度で信頼性の高い活性アッセイを提供し、新薬研究開発の加速、効率化、機会拡大に貢献します。

試験

オフターゲットスクリーニング

新薬候補化合物が標的以外の受容体に作用するリスクを網羅的に評価する試験です。

オフターゲットスクリーニング

オンターゲットスクリーニング

多数の化合物の中から標的受容体に作用する分子(=リガンド)を見つけ出す、創薬シーズ探索のための試験です。

オンターゲットスクリーニング

特徴

  • 受容体活性を測定
    • GPCRをはじめとする膜貫通型タンパク質では結合試験の特異性が低いことが知られています。当社試験は受容体下流のシグナルを用いるのでリガンドスクリーニングの信頼性が高く、また阻害薬のみならず作動薬のスクリーニングも可能です。
  • 全GPCRに適用可能な汎用性
    • Gαタンパク質の種類によりアッセイ法を変える必要があるので金銭的・時間的コストが高いことが活性アッセイの悩みでした。当社試験はいずれのGαタンパク質に共役するGPCRにも有効であり、効率的な創薬を実現します。
    • 当社試験は共役するGαタンパク質が不明なオーファン受容体に対しても単一のアッセイで評価可能です。
    • リガンド既知のヒトGPCRの99%以上で高感度で安定したリガンド応答を確認済です。
  • 感覚受容体を除く300種以上のヒトGPCRを網羅
    • 業界随一の取り揃えです。
  • 配列を改変していないGPCRコンストラクトを使用
    • 遺伝子改変による非特異的応答の懸念がありません。
  • 低コスト、高スループット
    • 一般的な機器、試薬と一過性発現系を用い、安価に高スループットな試験を実現します。
  • 多様な作用モードの化合物を同定可能
    • 作動薬、遮断薬から逆作動薬、PAMNAMまで評価できます。

当社技術で創薬機会拡大、開発リスク低減

  • 創薬オン/オフターゲットスクリーニング
  • シード/ヒット/リード化合物の標的特異性プロファイリング
  • R&D戦略策定
  • 導入案件評価の一環
  • 既存薬リポジショニング
  • 前臨床オフターゲットスクリーニング

お問い合わせ

サービス内容、カスタマイズの要望、見積もり依頼等メールにてお問い合わせ下さい。