MENU

株式会社タンソーバイオサイエンスは、東京大学医学部で開発された高感度で汎用的な膜タンパク質活性測定技術を応用し、新薬開発の加速効率化機会拡大を通じて人類の健康増進に貢献します。

事業内容

今までにない高感度な受容体活性測定技術と網羅的なヒトGタンパク質共役型受容体 (GPCR) パネルを用いて、新薬候補化合物の可能性を評価します。GPCRはヒトで約800種が存在し、現行医薬品の4割が標的にしていると言われるほど医学的に重要な受容体群です。しかし、化合物スクリーニングが困難な受容体が多数あり、比較的少数(約100種)の受容体を除いて開発が進んでいませんでした。当社技術を用いれば、これまで適当な評価系がないため創薬対象にできなかった数多くのGPCRを標的にすることができます。詳しくはサービス技術のページをご覧下さい。

当社技術でhigh-hanging fruitsの収穫を

サービス開始のご案内

リガンド既知のヒトGPCR 全220種余 に対する化合物活性を2週間で測定します。ご要望に合わせ試験内容を柔軟にカスタマイズ可能です。まずはお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

サービス内容、カスタマイズの要望、見積もり依頼等メールにてお問い合わせ下さい。
PAGE TOP